EN

ABOUT

2015年ISSEY MIYAKE EYESは3つの指針を掲げ開発をスタートしました。日常を重視したベーシックスタイルである事。また素材、構造、ディテールにおいて高い品質を実現する事。そして長く愛用される製品であり続ける事。高い目標に求められるのは確かな技術と経験です。 生活の中で生きる“用の美”を実現させるために、日本を代表する眼鏡メーカーである「金子眼鏡」と共にアイウェアの新しいカタチを目指します。

ISSEY MIYAKE × 金子眼鏡

「ISSEY MIYAKE 」のアイウェア製品には「金子眼鏡」というメーカーの名前も刻印されています。2015年にISSEY MIYAKEと金子眼鏡は共に国産製の良質な製品開発を開始いたしました。開発と生産を担当する金子眼鏡はISSEY MIYAKEが指名したパートナーで、商品企画から販売までを手掛けるアイウェアメーカーです。 ISSEY MIYAKE MENのデザイナー高橋悠介が描くイマジネーションやデザインを金子眼鏡が確かな技術で製品化しています。

金子眼鏡 プロフィール

金子眼鏡株式会社 自社工場 “BACKSTAGE”
世界最高水準の技術を誇る眼鏡産地、日本の福井県鯖江市に本拠地を構える。自社ファクトリー“BACKSTAGE”(バックステージ)をもち、直営店の金子眼鏡店を展開することで、アイウェアの企画、デザイン、製造、販売まで一貫して品質を管理する。また眼鏡職人の名前を冠した“職人シリーズ”は、伝統的な眼鏡づくりの技術を現代に伝える仕事として高い評価を得ている。