EN

ELEMENT SERIES Ⅰ

CONCEPT

ISSEY MIYAKE EYESに新たなシリーズが誕生しました。フロントがすべてアセテート製のELEMENT SERIESです。1924年にオランダで提唱された美術理論『エレメンタリズム(要素主義)』に着想を得て、リム、ブリッジ、智(フロントのサイド)という各"要素(ELEMENT)"ごとに色を切り替えたデザインが特徴で、部分的なクリアカラーによる透明感や独特なアクセントを楽しめます。全4モデルとも、クラシックなレンズシェイプをモチーフにしながら、スリムで段差のない滑らかな造形によりミニマルかつモダンな雰囲気を追加しました。顔を優しく包み込むようにアールを描く純チタン製のプレートテンプルも、フロントとの切り替えを強調したパーツとなっています。

TECHNICAL

DETAIL 1バイカラー生地

異なる2色のアセテート生地を部分的に熱圧着で2層に張り合わせ、その後切削するという特殊な加工技術を導入。鮮明に色を切り替えながらシームレスに仕上げ、今回のモデルを特徴づけるバイカラーデザインが実現しました。エレメント毎に別体パーツを張り付けるよりも圧倒的な強度を確保。それが洗練されたスリムな造形を可能にしています。あえて淡いカラーレンズを採用することで、更に生地とのコントラストが引き立ちます。
バイカラー生地

DETAIL 2プレートテンプル

表情豊かなアセテート製のフロントと組み合わせたのは、存在感のある幅広な純チタン製のプレートテンプル。緩やかなアールで側頭部にフィットするように金型から開発しています。装用感にこだわる国産アイウェアメーカー金子眼鏡ならではの技術により生まれたディテールです。
プレートテンプル

DETAIL 3モダン

耳の裏に当たるモダンにはフロントと同色のアセテートを使用。テンプルとのつなぎ目のL字型カットは、アセテートの縮みで発生する隙間を抑える役目を果たしています。モダン先端の“しのみ返し”はBONE SERIESから継承したフォルム。所作までエレガントに演出できるよう、スムーズな着脱に配慮した意匠です。
モダン