コンテンツに移動

2023∙01∙13 | A-POC ABLE ISSEY MIYAKE

「TYPE-S 」ものづくりムービーを公開

心地よくて美しい、蛇腹の秘密。

 

A-POC ABLE ISSEY MIYAKEのものづくりにフォーカスした、ムービーシリーズも第三弾となりました。「TYPE-A」と「TYPE-O」につづくのは「TYPE-S」。こちらも前作と同様に、スチームストレッチの技法をいかしたアイテムですが、蛇腹形状のクリースという機能と美しさへと結実させたプロダクトです。

 

そのため基礎的なプロセスは「TYPE-O」と似ています。緻密なプログラムを実装したジャカード織機が、やがて立体となるクリースとパターンを「織り」によって形成します。一万本以上のタテ糸を針の動きによって制御し、一着分のパーツを一枚の布いっぱいに描きだす。クリースの直線が際立つからでしょうか。その生地はなにしろグラフィカルで工学的な美しさが宿っています。

 

しかし、ここからがらりと工程は変化します。「TYPE-O」ではハサミで切り出したパーツを専用の機械に設置し、高熱のスチームを一気に加えることでプリーツが生まれますが(まるで生き物みたいに動きます)、「TYPE-S」では切り出したパーツにアイロンを当てながら、スチームとプレスを繰り返してクリースを生み出していきます。その動き方がとても無駄なくリズミカルなので、なんだか簡単にも見えますが、順序やスチームの温度や当て方の加減には秘密あり。熟練のクラフツマンシップの存在をかいま見るようでもあります。

 

蛇腹のクリースが入るのは、ウエストやヒザのまわりなど、カラダの動きが生まれるところ。グラフィカルで美しい意匠は、そのまま伸縮性を生み出す機能となります。つまり美と用を兼ね備えたデザイン。スチームストレッチというエンジニアリングを応用し、新しい可能性(ABLE)をさらに見出していく、A-POC ABLE ISSEY MIYAKEのものづくりはこうして拡張していきます。

文:瀬田抄

インスタグラムの公式アカウント(@apocableisseymiyake_official)でブランド最新のビジュアルや情報を発信しています。ぜひご覧ください。

SHARE