2018∙05∙30 | ISSEY MIYAKE PARFUMS

NUIT D’ISSEY NOIR ARGENT

NUIT D’ISSEY NOIR ARGENT

2018年、香りの探求を続ける「ニュイドゥ イッセイ」に新しいシリーズが登場。〈月食〉という稀な自然現象に足を踏み入れ、ダークなスパイスやレザー、ウッドが夜の神秘の奥深くまで表現します。
力強さ。暗闇。磁力。「ニュイドゥ イッセイ ノアール アージャン」の調香師ドミニク・ロピオンは、「ニュイドゥ イッセイ」の根本にあるテーマに、新たな解釈を加えました。

6月6日(水)より、全国一斉発売いたします。

NUIT D’ISSEY NOIR ARGENT EAU DE PARFUM

NUIT D’ISSEY NOIR ARGENT EAU DE PARFUM(ニュイドゥ イッセイ ノアール アージャン オードパルファム)

清涼感のあるスパイシーレザーウッドの香り。
トップノートはさわやかなグレープフルーツの苦味が、ピンクペッパーとブラックペッパーの清涼感のあるスパイスとともに輝きを放ちます。ミドルノートはブラックレザーが織りなす重厚なコントラスト。ベースノートはパチュリ・ベチバーなど夜を喚起するノートに、ダークなウッドとあたたかなレジンが芳醇な質感を加えます。(オードパルファム100mL)

PERFUMER

Dominique Ropion (ドミニク・ロピオン)

フランス、パリ生まれ。幼少よりずば抜けた臭覚を持っていた少年は、母親と祖父が香水会社に勤務するなど幼い頃から香水の文化に慣れ親しみ育つ。学士取得後エンジニアになるつもりでRoure社の化学精製部門で学ぶが、当時の社長の薦めにより南仏のグラースにある同社の調香師養成学校へ入学、調香師の道を歩むことになった。80年代初め、27歳で手がけた香水が大成功を収め、スター調香師として一躍有名に。30年以上のキャリアの中で100近い香水を手掛け、2008年International Perfume Award、2012年にはフランスの芸術文化勲章を受賞。2014年「NUIT D'ISSEY」や2016年「L'EAU D'ISSEY PURE」も手掛けている。

SHARE