2018∙06∙11 | コーポレート

21_21 DESIGN SIGHT
「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」

21_21 DESIGN SIGHTでは6月29日(金)より、企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」を開催します。
展覧会ディレクターには、独自の表現により、ウェブ、インターフェース、映像の分野で高く評価されている中村勇吾を迎えます。

21_21 DESIGNSIGHT 企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」

私たちが普段なにげなく親しんでいる音楽は、音色や音域、音量、リズムといった様々な要素によって緻密にデザインされた構造物(アーキテクチャ)であると言えます。しかし、日常の中でその成り立ちや構造について特別に意識する機会は少ないのではないでしょうか。

本展では、ミュージシャンの小山田圭吾(Cornelius)が音楽の構造に着目して書き下ろした新曲『AUDIO ARCHITECTURE』を、気鋭の作家たちがそれぞれの視点から解釈し、映像作品を制作します。参加作家は、映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなどの領域を横断しながら、多彩な感性をもって新しい表現に取り組む9組です。

Wonderwall 片山正通が会場構成を担当したダイナミックな空間に、ひとつの楽曲と複数の映像作品を繰り返し再生することで、「音楽建築空間」の構築を試みます。

音楽、映像、空間が一体となった会場で、音楽への新鮮な視点を発見してください。

詳細は、21_21 DESIGN SIGHTのウェブサイトをご参照ください。

SHARE