MAKING THINGS

日本の伝統技法を取り入れた、ISSEY MIYAKE MENのものづくりをご紹介していきます。

ROUKETSU

ろうけつ染めは、生地の表面にろうを塗って覆い、固まった状態で染料に浸すと、覆われていない部分にのみ染料が染み込んで柄が浮かび上がってくるという技法です。京都の地で技を受け継いできた職人たちが長年の経験を頼りに、生地の素材、その日の気温に応じて、ろうの温度や厚みを微細に調整し、染めを操っていきます。

KASURI

あらかじめ染め分けた経糸(たていと)を組み上げて文様をつくりだす“絣(かすり)”。京都西陣で独自に発展した絣の技術を継承する葛西郁子は、緻密な計算のもと、万を超える糸を指先で組み替え、かすれたような独特な文様をつくりだしていきます。

ITAJIME

布の一部を防染しながら染色することで文様を浮かび上がらせる“締”。京鹿の子絞りの伝統工芸士である重野和夫は、縛る、括るなど、さまざまな染めの手法を継承しており、板締めを操れる数少ない職人のひとりです。