2018∙09∙03 | ISSEY MIYAKE PARFUMS

L’EAU SUPER MAJEURE D’ISSEY

L’EAU SUPER MAJEURE D’ISSEY

イッセイミヤケの革新的なアクアティックノートを21世紀にふさわしく創りあげた「ローマジュール ドゥイッセイ」は、海の力強さをインスピレーションとした男性用香水。
この秋「ロー スーパー マジュール ドゥイッセイ」は冴えわたる新香調で、水の力を解き放ちます。波のように大胆で鮮烈なブルーのボトル。洗練された水の力強く濃密な香りが、あなたの可能性を高めてくれるフレグランスです。


10月1日(月)より、全国一斉発売いたします。

L’EAU SUPER MAJEURE D’ISSEY

L’EAU SUPER MAJEURE D’ISSEY EAU DE TOILLET INTENSE(ロー スーパー マジュールドゥイッセイ オードトワレ インテンス)

トップノートはクラリセージとローズマリーの躍動する香りが一気に打ち寄せます。ミドルノートはダークパチュリ、アンバーウッド、豊かに広がるカシュメランが香りに質感をもたらしながら、ブラックソルトがうねるようなアコードを引き立たせます。ベースノートはなめらかなトンカビーンとブラックバニラがレザーのダークな香りを演出します。(50mL/100mL)

PERFUMER

AURÉLIEN GUICHARD(オーレリアン・ギシャール) 

代々調香師を輩出する一族の8代目として1975年、グラースに生まれる。英国で経済学、社会学、政治学の学士を取得後、世界最大手の香料メーカー、ジボダンが運営する屈指の調香師養成学校を卒業。著名調香師である父からは仕事への情熱と知識を、彫刻家の母からは素材に対する直感とセンスを引き継ぎ、2003年に手掛けた香水で最初の成功を収める。香水の世界で最も注目されている若手調香師のひとりでもある。2013年「PARFUMS PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」シリーズを手掛けた。

FABRICE PELLEGRIN(ファブリス・ペルグラン)

調香師を父に持つという生粋のサラブレッドでありながら、現場にこだわり、叩き上げで調香を学んだ異色の調香師、ファブリス・ペルグラン。ロベルテ社とヴェ・マン・フィス社で数々の名作フレグランスを生み出した後、フィルメニッヒ・パリの調香師に就任。2017年には『Cosmétique』 誌より〈パフューマー・オブ・ザ・イヤー〉に選出された。ジャスミン摘みを生業にしていた祖母や香水用の自然素材のサプライヤーだった祖父から脈々と受け継がれたファミリー・スピリットと、自然環境に配慮したエシカルな価値観がクリエーションの根底に流れている。

SHARE