コンテンツに進む

2024.01.19 | HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE AUTUMN WINTER 2024/25 COLLECTION

HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKEは1月18日(木)、パリのパレ・ド・トーキョー (Palais de Tokyo)にて2024/25年秋冬コレクション「Immersed in the Wilds of Creativity —没入。野性溢れる創造力—」を発表しました。コレクション創作を行うにあたって、インスピレーション源の取り入れ方を突き詰めて探り、衣服との新たな関係性を見出しています。それは、インスピレーションの素材を柄や模様として扱うだけではなく、発展させる要素として丁寧に取り組む姿勢に基づいています。こうして完成されたコレクションは、素材が衣服を構成するに欠かせない要素になり、両者の密接で調和のとれた関係を表しています。

ロナン・ブルレック氏とのプロジェクトについて

HOMMÉ PLISSE ISSEY MIYAKEとデザイナー/アーティストであるRonan Bouroullec(ロナン・ブルレック)氏によるクリエイティブ・セッション。ブランドのデザインチームと同氏のドローイングの取り組みは、そのままアートの作品群をコレクションに取り入れるに留まらず、多彩で豊かな素材集として自由に扱い、作品の世界へ飛び込んで遊ぶように創作したプロセスが特徴的です。こうして発展したこのコレクションは、ブルレック氏が示したブランドのものづくりへの深い理解と、セッションを通して行われた発想力豊かな数々の交流に基づいて完成されたものです。

“デザインチームと今回一緒に仕事をすることは、とても特別で驚きのある経験でした。クリエイティブ・セッションを通して、私自身の作品と彼らがつくる衣服の間に、共感する部分と対照的な部分があることに気付き、さまざまな発見がありました。そんな私たちの間にある距離感と親和性が、このプロジェクトに感動とやりがいをもたらしてくれました。”

ロナン・ブルレック

プロフィール

1971年カンペール(ブルターニュ)生まれのフランス人デザイナー。2000年にパリの「A-POC」の店舗設計を弟とともに手がけるなど、イッセイ ミヤケ社との関わりも深く、20年以上に渡りデザイン活動を行ってきた。家具、照明、空間、建築や展示など幅広い分野において、国際的デザイン会社と協業を行い、その多くが世界中の美術館やデザイン界に高く評価されている。デザイナーとしての活動のほかに、ドローイングは日常生活の一部(ライフワーク)であり、デザイン活動のインスピレーションとなっている。そのドローイングは、アートコレクターやギャラリーに求められているとともに、世界中の有数の美術館と財団で収蔵、展示されている。

RB_DRAWING PLEATS WB

RB_DRAWING PLEATS WB

ブルレック氏の代表的な作品群「Drawing」を定番のプリーツ素材に掛け合わせたシリーズ。ドローイングにある余白を衣服の形に活かし、一枚の絵画と一着の衣服の関係性を探るデザインです。プリーツ目の陰影によって、原画の持つ鮮やかで深みのある色彩と繊細な筆致を引き立てています。

RB_DRAWING SCARF

RB_DRAWING SCARF

ブルレック氏の作品「Drawing」に描かれた要素から着想を得たマフラーとスヌードのニットシリーズ。複数色の糸で編まれたアイテムは所々に穴が空き、頭や腕を通すことで様々な巻き方とつけ方が可能です。作品を身につけるだけではなく、作品そのものに潜り込むような楽しみ方ができます。

RB_DRAWING COAT

RB_DRAWING COAT

ブルレック氏のドローイングを大胆に載せたコートシリーズ。軽やかなポリエステルの生地にドローイングを表現するために、色ごとに版を分けたシルクスクリーンプリントを用いました。他のプリント方法では表現の難しい、細やかな色の重なりによって生まれる表情が特徴です。作品そのものの躍動感が伝わるよう、シンプルでかつ遊び心のある形です。

RB_STYLO-BILLE CUSHION COAT

RB_STYLO-BILLE CUSHION COAT

前身頃のポケットに付いたカバーにコートを入れ込むことで、クッションとして収められるアウター。ゴブラン織りによって表現されているのは、ブルレック氏がボールペンを用いて描いた作品「Stylo-Bille」。クッションとしては、作品の色味を原画のままで再現し、コートとして着用する際には色味が反転し、異なる配色を表します。

RB_EMBROIDERY SHIRT

RB_EMBROIDERY SHIRT

自然な風合いが特徴の生地にブルレック氏の「Stylo-Bille」を刺繍で表現したシャツシリーズ。3種類のシャツはいずれもボールペンで描かれた元の作品が持つ、細やかで豊かな色彩とその有機的な形を最大限引き出せるようデザインされています。また、原画の輪郭から少しはみ出した部分にあえて刺繍を施すことで、刺繍が持つ表情と作品のいきいきとした印象が際立ちます。

RB_ALL OVER PLEATS

RB_ALL OVER PLEATS

ブルレック氏の代表的な作品群「ALL OVER」を定番のプリーツ素材に掛け合わせたシリーズ。無数の線でまんべんなく埋め尽くされた原作は、作品を鑑賞するのではなく、それに没入する印象を与えます。またドローイングを衣服に落とし込むにあたって、肩や袖、裾まわりを広げて、体に重ねてまとえるようにしているため、動くたびに揺れるその様は、まるで生き物のようです。

OVERFLOW

OVERFLOW

「RB_ALL OVER PLEATS」で生まれた形を無地の鮮やかな色味で表現したシリーズ。同シリーズと同様、分量感のある生地を体に重ねて着用したり、広げてシルエットの動きを楽しむことはもちろん、無地ならではの力強さも特徴です。

本コレクションの全てのルックは以下のページでご覧いただけます。

類似ニュースを見る

シェア LINE Pinterest facebook X Mail