コンテンツに移動

2019∙01∙31 | ISSEY MIYAKE EYES

「IM-101」に新色が登場

Special Re-edition Model: IM-101

「一本の線」と「二つの円」というシンプルな図形の組み合わせが、まるでグラフィックデザインのように明快な「IM-101」より新色が登場します。ブルーのレンズを装着し、80年代のオリジナルモデルの印象を色濃く反映したサングラスは、当時のデザインを忠実に再現しながらも、現代のスペックとして、チタン、プラスチックレンズを採用し、軽量化、しなやかさ、剛性を向上させました。

2月7日(木)より、全国発売いたします。

金子眼鏡

世界最高水準の技術を誇る眼鏡産地、日本の福井県鯖江市に本拠地を構える。自社ファクトリー“BACKSTAGE”(バックステージ)をもち、直営店の金子眼鏡を展開することで、アイウェアの企画、デザイン、製造、販売まで一貫して品質を管理する。また眼鏡職人の名前を冠した“職人シリーズ”は、伝統的な眼鏡づくりの技術を現代に伝える仕事として高い評価を得ている。
http://www.kaneko-optical.co.jp/

SHARE