2017∙08∙07 | ISSEY MIYAKE PARFUMS

「Apeloiggg Tokyo フィリップ・アペロワ展」開催のお知らせ

Apeloiggg Tokyo フィリップ・アペロワ展

 

2017年、イッセイ ミヤケ パルファムのサマーフレグランスのグラフィックデザインを手掛けた、世界的にも有名なフランス人タイポグラファー、Philippe Apeloig(フィリップ・アペロワ)。
パリを拠点に活動を続ける、アペロワの展覧会が、8月7日(月)より、ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)にて開催されます。

アペロワはルーブル美術館やオルセー美術館をはじめとする数々の文化施設の仕事を手掛けるほか、現代のフランスを代表するグラフィックデザイナーとして国際的に活動の場を拡げています。

 

モダニズムに大いなる刺激を受け、また絵画、パフォーミングアート、そして文学をこよなく愛するフィリップ・アペロワの作品を特徴づけるのが、リズミカルで大胆なタイポグラフィです。平面であるポスターの中で、立体的な文字が踊り、ストーリーが立ち上がり、感情豊に訴えかけてきます。
2013年にフランスのパリ装飾美術館にて大回顧展「Typorama」を開催。2015年にはオランダ アムステルダムのステデリック・ミュージアムにてタイポグラフィックなポスターに焦点をあてた個展も開催されました。

 

本展はアペロワの意欲的な最新作・近作にフォーカスされた展示となります。「タイポグラフィと風景」をテーマとしたイッセイ ミヤケ パルファムのサマーフレグランスやホリデーコフレのパッケージデザインも紹介されます。また最新作にして新たな挑戦であるセーブル焼磁器のほか、ダイナミックなポスターの数々、ポップさの裏で厳密に設計されたフォントやロゴなどが紹介されます。フィリップ・アペロワの実力と魅力を存分に体験できる機会となるでしょう。


ギンザ・グラフィック・ギャラリー 第361回企画展
「Apeloiggg Tokyo フィリップ・アペロワ展」

2017年8月7日(月)〜 9月16日(土)
開館時間:11:00 〜19:00 日曜・祝日休館
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)
〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル
Tel. 03-3571-5206
入場無料
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/

 


展覧会お問合せ:ギンザ・グラフィック・ギャラリー 高木 
Tel.: 03-5568-8023
E-mail: takagi-m8@mail.dnp.co.jp

SHARE